REAL ABILITIES/リアルアビリティーズ

真の才能者達を発掘・育成し、バスケットボールの価値を創造し、向上していく。

REAL ABILITIESとは

真の才能者達を発掘・育成するバスケットボール事業

㈱U・R・A(Universal・Real・Ability)では、バスケットボールのあらゆる可能性を追求しています

バスケットボールというスポーツは2014年現在全世界で競技人口だけで7億人以上、250ヵ国以上の国がFIBA(国際バスケットボール連盟)に加盟しており、バスケットボールファンは世界中で20億人以上と言われています。
世界で最もメジャーなスポーツの一つでもあります。

しかし残念ながら、日本ではまだマイナー競技です。
その原因の一つに、私達は日本ではまだバスケットボールの価値が低いと考えています。

そこで2005年バスケットボールを主とした
スポーツビジネス会社
㈱U・R・A(Universal・Real・Ability)を起業し、
【REAL ABILITIES】・・・真の才能者達を発掘、育成し、バスケットボールの価値を創造し、向上していく。

という意味のブランドを立ち上げ、様々なバスケットボール事業に取り組んできました。

バスケットボールは様々な事が学べる素晴らしい競技でもあります。 チームワーク、リーダーシップ、コミュニケーションスキル、など、社会や人生において必要とされること、また人間関係において必要とされる、ことが、バスケットボールを通じて学ぶことが出来ます。 また、チームメイトが倒れたら必ず手を差し伸べて助け合い、チームメイトの調子が良くても悪くても、手と手を合わせて(ハイファイブ)励まし合います。 そんな事を当たり前に行えるバスケットボールは、本当に素晴らしい競技です。

そんな素晴らしいバスケットボールを日本で更に普及し、競技レベルアップを図っていくために、
私達は今後10年で2つの大きなプロジェクトを成功させていきたいと考えています。

未来へ向けて

『バスケットボール普及・レベルアッププロジェクト』

これまで10年間【REAL ABILITIES】のバスケットボールスクール事業を通じて、小学生~中学生のバスケットボール普及・レベルアップ活動を行ってきました。 今後そこでの実績、成果を元に全国的に更なる普及、発展に繋げていきたいと考えています。

そして、今後10年間は新たな取り組みとして『幼児バスケ事業』を発展させていきたいと考えています。

私たちは最も早く、そして効果的にバスケットボールの普及、レベルアップが出来る方法は、全国各地の幼稚園、保育園の授業としてバスケットボールを取り入れてもらえる事だと考えています。 日本人全員が幼児期に必ずバスケットボールに触れる機会があれば、必ず競技者も増加するでしょうし、競技レベルも必ず向上すると確信しています。 また、最近では、大学教授、医者、研究者、学者の方々から幼児期の能力開発に最も適している競技が、バスケットボールであるという仮設が出ていると話を聞くことが出来ました。 そして、2012年から広島市の幼稚園のご協力の元、2歳~6歳対象にバスケ授業を行ってきました。

そこで試行錯誤しながら
【REAL ABILITIES】幼児オリジナルメニュー
バスケビクス』を開発しました。

普通のバスケットボールでは幼児期には難易度が高すぎるので、他のスポーツも合わせた幼児向け競技、それが『バスケビクス』です。

今後10年間でこの『バスケビクス』の効果をデータ収集し、解析・分析を行い、バスケットボールが幼児期に最適な運動であることを論文にて実証していきたいと考えています。

広島から世界へ

『Basketball ・ Peace ・Project』

これまで10年間『世界に通用する人材育成』を目標に掲げて、日々活動を続けてきました。 勿論今後もそのスタンスは変わりません。
しかし、一部の人達が世界を意識していても、多くの人達が世界を意識していなければ、世界レベルに到達するスピードは遅くなります。 やはり多くの人達に『世界レベル』を継続的に体感してもらうことが重要ではないかと考えています。

また、これまで多くの事をバスケットボールから学び、得ることが出来ました。 地域や社会に対して、バスケットボールを通じた社会活動で恩返し出来ればと考えてきました。

そのために活動拠点である
『広島』でしか出来ない、また『広島』が行うべきプロジェクト
【REAL ABILITIES】が推進していきます。

広島は1945年に原子爆弾をアメリカによって落とされました。
20万人以上の犠牲者、壊滅的な被害がありました。
その被爆地『広島』でバスケットボールを通じた平和イベント(B・P・P)を開催したいと考えています。

毎年8月6日の平和記念式典へ世界トップレベルのアメリカ人NBA選手を招待し、式典後日本人チーム(日本代表やプロチーム)とのチャリティーマッチイベントを行いたいと考えています。

『平和』のためにバスケットボールが出来ることは、ルールを決めて競技を争い、試合後は握手を交わし、友好を深めることが出来る『スポーツの力』を表現していくことではないかと考えています。

毎年8月6日に『広島』に日本中のバスケットボールファンが集まり、世界トップレベルのバスケットボールを体感しながら『平和』について考え、未来へ繋げていく。

最後に

今こそ日本バスケットボール界が一つになるとき。

私達は今後10年間でこの2大プロジェクトを中心にバスケットボールの新たな価値の創造と、新たな形のバスケットボールの可能性を追求していきます。

しかしながら私達だけでは多くの時間が掛かってしまいます。
バスケットボールと同じで、共通の目標を共有し、多くの人たちで協力し、チームワークを発揮していきたいと考えています。

私たちの理念やプロジェクトへの賛同して頂けるのであれば、是非ご協力して頂きたいと考えています。
今こそ日本バスケットボール界が一つになるときです。

㈱ Universal Real Ability
浦 伸嘉